ニュース

デコボコ英語では2020年から、山形市高瀬で田んぼを借りて米づくりをしています。

米づくりを始めた一番の理由は、子どもたちと「お米」について学びたいと思ったからです。

毎日口にする「お米」。一体どうやって食卓までやってくるのか、それを一から経験してみたかったんです。やるからには無農薬で、田植えも稲刈りも手作業でと決めていました。

田んぼを借りて、と言っても、全ての作業工程を手伝ってくださる「高瀬の友だち」がいるからできることです。稲作りから、田植えの準備、田植え枠や除草機の手配、イノシシ除けの電柵はりや稲刈り後に必要な機械を使わせてもらったりと「高瀬の友だち」のおかげで美味しいお米を作ることができています。また、有機農業をされている伊藤さんからもたくさんアドバイスをいただきました。

一年目の去年は、コロナ禍で子どもたちと一緒に作業することは叶いませんでしたが、今年は田植えからみんなの力を借りることができました。

現在は、稲の成長を観察しながら除草機を押しているところです。

In 2020, Deko Boko Eigo borrowed land in Takase and started growing rice.

Our main reason for doing this was to teach our students from A to Z, all about the grain that we eat pretty much every day. We wanted to teach them how it gets from the paddy to the table, and we wanted to do it without pesticides.

There's no way we could do any of this without our wonderful Takase friends. The old pro farmers who have taken us through every process, from making the seedlings, preparing the land, and arranging the planting frames, to setting up the electric fences to protect our crop from wild boars, and lending us all the machines and tools that we need.

Thanks to our friends in Takase we gathered a delicious harvest last year. We also relied heavily on the advice of Mr. Ito, a good friend and revered local organic farmer.

Sadly, in 2020 we weren't able to invite the children to help us plant and harvest because of the virus, but this year, we had many of our young friends getting their hands, and everything else dirty planting the field!

These days, I'm using the weeder and watching the growth of the young rice plants. Stay tuned for more Takase adventures!






皆さんは、何色が好きですか?

英語レッスンの序盤で必ず触れる簡単な質問ですが、「色」について話そうとしたら、基礎学習の時間だけでは到底足りないんですよね。

今月の学習テーマは「色」。

サブテーマの一つが「虹色」+「レインボーフラッグ(虹の旗)」。

「この旗見たことある?」

「LGBTQってどういう意味だろう?」

「どうしてレインボーフラッグは、大切なんだろうね?」

もう一つのサブテーマは「肌の色」。

それぞれが鏡と向き合い「自分は何色?」「あなたは何色?」と問いかけ

世界中の美しい肌の色について考え、インクルーシブの大切さを学んでいます。お互いに敬意を表し、親切な態度をとることは、デコボコ英語の考え方の中でもとても大切な事の一つです。

素晴らしい絵本や、ビデオ、工作やみんなで話し合うことで、今回の学習テーマの「色」は、たくさんのことを私たちに教えてくれています。

ご自宅でそんな話をとする機会を持つ時は、この絵本たちをお勧めします。

Julian is a Mermaid Jessica Love 作

The Colors of Us Karen Katz 作

All are Welcome Here Alexandra Penfold 作



What colour do you like?

It's a simple question, one of the first we tackle in English class, and yet these days there are so many important themes connected with colour, just covering the basics doesn't feel like it's enough.


This month in the classroom, when we learn about the colours of the rainbow, we introduce the rainbow flag. Have you seen this flag before? What does LGBTQ mean? Why is the rainbow flag important?

We also take a look in the mirror and ask ourselves, 'What colour am I? What colour are you?' We think about why there are so many beautiful skin colours around the world, and learn the importance of inclusiveness.


Living in Japan, these are questions that we often forget to ask, but particularly as English learners, Deko Boko Eigo believes it's important for our children to understand how to navigate the global community with respect and kindness. We are excited to explore these new themes through story books, videos, crafts, and discussions. If you want to start a conversation at home, we recommend the following books:

Julian is a Mermaid by Jessica Love

The Colors of Us by Karen Katz

All are Welcome Here by Alexandra Penfold

「ゴミ拾いはスポーツだ!サンセット・サンライズ由良大会」のご案内

デコボコ英語のお友だち「山形県 美しい山形・最上川フォーラム」の明子さんより、庄内の由良海岸で開催されるゴミ拾いのお知らせが届きました。

日時 9月5日土曜日16時〜/9月6日日曜日7時〜(1時間半くらい)

場所 由良ふれあい広場

「世の中をもっと美しくするためにわたしたちにできること」について考え、子どもたちからもでたアイデアの一つが「ゴミ拾い」でした。「山形県 美しい山形・最上川フォーラム」の明子さんとしげるさんをレッスンにお招きし、主にプラスチックの良いところ、悪いところについて教えて頂きました。またマイクロプラスチックについても学びました。私たちの身近なところでのゴミ拾いはもちろん、今回は海に流れ出てしまう前にそれを拾おう!という活動です。 夕方と早朝なのでちょっと大変かとは思うのですが、気持ちのいい空気の中でのゴミ拾いです。 また、9月6日日曜日にアズ七日町山形市中央公民館ホールで、マイクロプラスチックの行方を追ったドキュメンタリー映画の上映とトークがあります。 上映とトーク後の16時頃から「ピリカ」というゴミを見える化するアプリを使って周辺のゴミを探してみます。 お隣の萬屋さんの中に海ゴミの見本も展示するそうです。 それぞれのチラシを添付しております。参加を希望される方は、かおるまでお知らせください。 どうぞ宜しくお願いいたします。

'Trash Collection as a Sport! The Sunrise, Sunset Competition'

Our good friend Akiko-san has asked us to pass on the good word about a trash collecting event that will be taking part on September 5th (Saturday) from 4pm, and 6th (Sunday) from 7am at the Yura Fureai Plaza in Shonai. As part of our current theme 'How Can We Make the World More Beautiful?', we have spent quite some time talking about the impact of litter on the environment, and what we can do to help. Akiko-san visited the classroom with the lovely Shigeru-san to teach us about litter, in particular plastic waste, micro plastic in the oceans, and the do's and don'ts of picking up trash, so this is a wonderful opportunity to put our all our hard work into action! Also, a very interesting documentary and talk on the subject of children vs. micro plastic will take place on September 6th at the Chuo Community Hall located in Az Nanukamachi from 4pm. Please contact Kaolu for more details!