Deko Boko Rice・デコボコライス

デコボコ英語では2020年から、山形市高瀬で田んぼを借りて米づくりをしています。

米づくりを始めた一番の理由は、子どもたちと「お米」について学びたいと思ったからです。

毎日口にする「お米」。一体どうやって食卓までやってくるのか、それを一から経験してみたかったんです。やるからには無農薬で、田植えも稲刈りも手作業でと決めていました。

田んぼを借りて、と言っても、全ての作業工程を手伝ってくださる「高瀬の友だち」がいるからできることです。稲作りから、田植えの準備、田植え枠や除草機の手配、イノシシ除けの電柵はりや稲刈り後に必要な機械を使わせてもらったりと「高瀬の友だち」のおかげで美味しいお米を作ることができています。また、有機農業をされている伊藤さんからもたくさんアドバイスをいただきました。

一年目の去年は、コロナ禍で子どもたちと一緒に作業することは叶いませんでしたが、今年は田植えからみんなの力を借りることができました。

現在は、稲の成長を観察しながら除草機を押しているところです。

In 2020, Deko Boko Eigo borrowed land in Takase and started growing rice.

Our main reason for doing this was to teach our students from A to Z, all about the grain that we eat pretty much every day. We wanted to teach them how it gets from the paddy to the table, and we wanted to do it without pesticides.

There's no way we could do any of this without our wonderful Takase friends. The old pro farmers who have taken us through every process, from making the seedlings, preparing the land, and arranging the planting frames, to setting up the electric fences to protect our crop from wild boars, and lending us all the machines and tools that we need.

Thanks to our friends in Takase we gathered a delicious harvest last year. We also relied heavily on the advice of Mr. Ito, a good friend and revered local organic farmer.

Sadly, in 2020 we weren't able to invite the children to help us plant and harvest because of the virus, but this year, we had many of our young friends getting their hands, and everything else dirty planting the field!

These days, I'm using the weeder and watching the growth of the young rice plants. Stay tuned for more Takase adventures!